女性警察官の活躍

女性の中には、正義感が非常に強い人がいるのではないでしょうか。正義感が強い人にとっては、一度警察官を目指してみるというのもいかがでしょうか。警察官と聞くと屈強な男が悪と戦うという印象があり、どちらかという男社会という印象があるかもしれません。しかし、そうであるとは最近言えません。というのも、 警察官の女性に対する仕事の期待は日々高まってきているのです。 女性ならではの働きとは一体どのようなものでしょうか。

女性警察官だからこそ出来る仕事

京都限定にはなっていますが、交番のお巡りさんが全て女性という交番があります。京都では平安なでしこ交番と呼ばれ、女性が助けを求めやすい交番として期待されています。 性犯罪、DVといった女性が被害者になる事件では、女性警察官の活躍が期待されます。 性犯罪では、事細かく事件の状況を被害者が説明しなくてはいけません。そのため、男性の警察官が事情聴取するよりも、女性警察官が聴いた方が話しやすいというケースがあります。そのような場合に、女性警察官が活躍出来るのです。

女性警察官の仕事環境は?

(1) 女性が働きやすい環境 警察官は、仕事をする上で、育児・子育が出来る環境なのでしょうか。確かに勤務形態は、1日夜通し勤務があって翌朝に交代という制度ではあり、環境に慣れるまでは大変なことかもしれません。そのような環境下で子育て・家庭の仕事は出来るのでしょうか?勤務中は難しいかもしれませんが、女性が働きやすいよう環境は整備されつつあります。 女性警察官の中には、育児休暇・育児休業を積極的に利用出来る制度があるので、多くの女性警察官は、利用して両立させようとしています。もちろん、復帰した後に活躍している警察官も多いのです。 (2) 職場結婚が多いのも特徴 警察官は、職場結婚が多いのも特徴の1つです。その理由は、同じ仕事をしているため、非常事態があっても理解してくれるパートナーになるからなのです。警察官の仕事はいつ何時仕事で招集されるかわかりません。そのため、そのことをよく知っている夫であれば、万が一のことがあっても、対応をしてくれるからです。既婚女性の方が警察官へ転職する際は、夫の理解が必要ですが、パートナーを募集中の女性は、チャンスがあるかもしれません。

まとめ

現在、女性にしか出来ない仕事ということで、女性警察官には新しい働き方・役割を期待しています。そのため活躍する機会はたくさんあるのです。 警察官は、エリアによって条件が異なっているので、自分が働きたいと思っているエリアはどのような採用条件かを調べる必要があるので、気をつけて下さい。 正義感が強い女性は、是非一度検討してみてはいかがでしょうか。